2019シリーズ最終戦 湯船大会

江越選手からのレポートです!

大会名: CJ-1京都ゆぶねstage 日付: 11/9-10 カテゴリー: ユースクラス リザルト: 4位 (レース前日) 今回のゆぶねのコースは小学生の時に1回 来たことがあり、コースはなんとなく覚えていて、自分でも少し得意なコースなので、 楽しくなりそうだなと、思いました。 今回のコースは砂利が多く少し滑りやすい ので、試走は3周回しライン通りなどを、 入念にチェックしながら試走を、しました。 登りでは、砂利の登りがありリヤタイヤが 滑りやすく、中々難しいセクションでした。 下りはテクニカルな所が多く自分が得意な、 セクションで、全力で攻められる所で、 とても面白いコースでした。 試走が終わったあとは、宿に泊まり、 ストレッチなどをしてレース当日にそなえました。 (レース当日) レース当日はコースのライン通りを確認するために、試走を1周回だけし、少し休憩したあとに、アップをしました。 アップは25分間と少し長めにやり引き足などの意識して、アップをしました。 11時くらいひ招集が開始され、11時10分にレースがスタートしました。 スタートでは、クリートキャッチに少し失敗してしまい、最初の坂のセクションでは、 5位で最後尾からのスタートとなりました。 それでも坂では、引き足を意識しながら、 前の選手に着いて行くように、走りました。 下りでは、疲れた足を休ませながら下り ました。 2周目では、5位から4位に入り、3位の選手を、追いかける様な形になりました。 ですが3位の選手との差がありなかなか 見えず、一人旅状態になってしまいました。 最周回では、持ってるスタミナを全部使い果たそうと最初の登りでは、ダンシングで登り、下りでも死ぬ気で攻めて行こうと思いました。 しかし、疲れが多くあり、集中力が切れてしまい途中で、落車しそうになり危ない所でした。 最終的には、4位でゴールしました。 最初から最後まで、全力で走り楽しめたので 良かったと思いました。 (シーズンを終えて) 今年は初めて選手登録をし、カデットクラスから、ユースクラスに入り今シーズンはとても、刺激的な1年となりました。 さて、来年になると中学3年となり、受験があり、来シーズンはあまりレースには出れないと思います。 ですが、しっかりと練習と勉強を両立させ、 ユースクラスのトップ選手について行けるように来シーズンも頑張って行きますので、 これからも沢山の応援をよろしくお願いします。

 

柚木選手からのレポートです!

 

 

 

日時      11月9,10日
大会名     cj-1ゆぶね
カテゴリー   ユース
リザルト    1位
今回のレースコースは走りなれたコースでレースの1週間前にも行って反復練習をしたり
何回も走ったりしてコースのリズムをつかむこともできました。
<レース前日>
会場には昼あたりに入り試走ではマシンの空気圧などの最終チェックなどをしてすぐ終わりました。
今回のレースは車泊ではなく、1時間かかりますが家に帰ってしっかりと睡眠をとることが出来ました。
<レース当日>
試走は1周してコンディションなどの確認をしました。
コースは3か所ほどウェットなところがありましたがほとんどの場所がドライでした。
レースが始まるまでリラックスしていることが出来ました。
スタートはスタートの合図にしっかりと反応することができ、先頭で1コーナーを抜けることが出来ました。
シングルに入る時には1人の選手の後ろで入りました。その後はしっかりと前についていきました。
1周目の後半では自分の得意な下りの手前で前の選手を抜かしその下りセクションで差をつけることが
出来ました。
2周目は登りでは1周目よりはペースが落ちましたが自分のペースでリズムよく登れました。
下りでは1周目よりペースを上げることが出来ました。
最終周の3週目は2周目と同じぐらいのペースでミスを少なくしてリズムよく走ることが出来ました。
フォームも意識していいフォームで走れたと思います。
最後まで下りを攻めつ続けてゴールすることが出来ました。
今回のレースは2番手の選手が他の競技をやっていて本調子でなさそうでしたが、自分は前のレースよりもパワーアップしていて肺もいい感じに鍛えられていたのでよっかったと思います。
そして自転車が変わってからの2戦目の最終戦をいい結果で終えることが出来てよっかったです。
来シーズンは1レース目からいいレース展開が出来るようにシーズンオフもしっかりと練習を重ねたいです。
今年1年 沢山の応援、そしてサポートありがとうございました。
来シーズンもまたお願いします。

2019 深坂の森大会レポート

山口選手からのレポートです!

 

日時 927

大会名CJ-U 深坂自然の森大会

カテゴリー男子ジュニア

リザルト 1

使用バイク 2019 Mondraker F-PODIUM CARBON RR

https://www.mondraker.com/es/en/2020-f-podium-rr

使用サスペンション  2020 Fox 32 Step Cast Float 29 Factory Kashima, FIT4, EVOL,

http://www.ridefox.jp/forks/32.html

使用タイヤ 

フロント SCHWALBE  RACING RAY

リア SCHWALBE THUNDER BURT

http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=16&item_category_id=9

使用ボトルゲージ OGKカブトRC-13

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/accessory/bottlecage/rc-13.html

使用ヘルメット OGKカブトFLAIR

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/flair/flair.html

使用グローブ OGKカブトPRG-5

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/glove/prg/prg-5.html

使用シューズ

 LAKEmx332カスタムカラー

http://www.kirschberg.co.jp/lakecycling/

使用ジャージ

レジェフィット半袖ジャージ

https://www.wave-one.jp/fullorder/products/14.html

レジェフィット75パンツ

http://www.wave-one.com/item/leggefit_75pt.html

WAVE ONEレーシングソックス

http://www.wave-one.com/sp/category_item/item_cyclesox.html

妙高大会から1週間がたった。

休む間も無く真反対の山口にいました。

山口は出場できないため、これが僕の最終戦。

ジュニアクラス最後の大会などといろんな気持ちのこもったレース。しっかりと優勝し、有終の美を飾りたかった。

レース前日

お昼前に会場に到着。試走前にマッサージを受け、試走スタート。

コースは去年とはさほど変わらないが、後半の長い激坂が追加られ足に来そうなコース設定となっていました。雨予報だったので、ブロックのあるタイヤで試走していましたが、雨も降りそうになかったので、ドライタイヤで走ることを決めました。

試走中バイクがすこし暴れる感じがあったので、サスペンションをセッティングし直し、レースでよく走れるイメージが掴め出しました。

レース当日

10時に会場入り。

コースに川渡りのゾーンがいくつかあったので、タイヤに悩んでいましたが、大丈夫そうでした。

レースの準備をしたり、コースの状況を確認しているとあっという間にレース1時間前。アップを開始しました。

体の調子はよく、楽しいレースができそうでワクワクしていました。

レーススタート

シリーズチャンピオン確定となったので、一番コール。一番スタートが直線で取れる場所を選びました。

ピストルの合図でスタート。

最初は台湾勢に前を塞がれましたが、シングルトラックに入る寸前で交わすことができました。

今回はスタートから単独走行するのが目標だったので、レース関係なくもがき続けました。川の影響でぬかるんだ場所もF-PODIUMのおかげで滑ることなく、確実に地面を捉え一気に後続との差を広げることができました。

一番最初の下に入るときには単独になっていて、気持ちよくスタートが切れました。

その後の溝でリム打ちをしてしまい、パンク。幸い空気が全部抜けることはなく、走行可能だったので、そのまま走り続けました。

下セクションではサスペンションをセッティングし直したおかげで、大きなギャップから小さな振動まで、バイクがしっかりとカバーしてくれ、パンクしてるとは思えないほどの安定感で地面を舐めるように走れました。

芝生でも浮いているように走れあまり足を使うことなくレースを進めることができました。

2周目逃げが確実になってきたので、さらにペースアップ。

下りではかなりのスピードで攻めましたが、濡れた小石が点在するカーブでもしっかりと地面を捉え高速でカーブをクリアでき、セクションセクションでも、差を広げることができたと思います。

バイクの安定感を武器に下をこなし、ZERO サスペンションのシステムのお陰で抜かるんだ場所もドライタイヤでスイスイと登り、登りもサスペションが動く度に進む。

そんなバイクの凄さを感じつつレースを楽しみ、追い込んで走りました。

バイクがいくら助けてくれても、登りは死ぬくらいもがきました。

レースを4周回走りゴールしたときには満足感でいっぱいでした。

今回は本当に楽しくレースを走れた思います。これはバイクのおかげでもあります。

パンクが無ければ言うことなしですが、エアが少ない状態でもレースをやり切れるというバイクの凄さも確認することができました。

フルサスペンションは特に、しっかりとしたサスペンションセッティングが速く走るための秘訣だと思いました。

これからもしっかりとコースによってセッティングを合わせていきたいと思います。

今回がジュニア最後のレース。本当に辛いジュニアシーズンでもありましたが、成長もその分できました。苦戦し続けた一年目も、皆さんが応援してくださるお陰で「もっとがんばらなあかん!」と思いレースに出続けることができました。本当にありがとうございます。2年目は開幕戦から良く走れ皆さんにいい走りを見せることができて、本当に嬉しかったです。アジア選手権、世界選手権にも出場させていただき、日本代表として世界と戦っていくと言うことも経験できました。コースも世界はスケール違いで、もっと成長が必要だと思うこともできました。

沢山の経験をさせて頂いたジュニアクラス。

この経験を無駄にすることなく、全てを生かし、これからの選手としてのレベルを上げていきたいと思います。

来年からU23

エリートとも同時出走となり、年齢層も上がり、レースのレベルも上がります。ですが、それに屈することなく、ぶち当たって何にでも挑戦していきたいと思います。なのでこれからも沢山の応援よろしくお願いします。

応援してくださっている皆さんが僕がレースで頑張れる理由です!

今回も沢山の応援ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします!

TEAM Pro Ride 山口創平

 

北林選手からのレポートです!

 

下関レースレポート
カテゴリー ジュニア
リザルト4位

レース当日
レース前日は試走を2週しました。
コースは雨で少し濡れていてすぐに滑ってしまうコース状況でした。
とてもコーナーもきついのでレースではあまり無理をしないようにしようと思いました。

レース当日
レース当日は前日より少しコースは乾いていました。スタートしてからは前に出ることが出来ず追い上げるという形になってしまいました。
シングルトラックに入ってからは何人か抜かして2、3番まで上がりました。
2週目に入り少し体が疲れてしまい前の人についていくことが出来ませんでした。
その後も下りなどでなかなかリズムが取れずに疲れて遅れてしまいました。
けれどもレース中なので気持ちを戻し今できるベストを3週目で出しました。
4週目に入りだいぶ離れてしまったが、自分のペースは落ちずに走れたので良かったです。
今回のレースではとても悔しい結果となりましたが、調子は上がってきているので、このままつぎのステップにつなげていきたいと思います。

応援、サポートありがとうございました。

Pro Ride 北林  仁