ライディングルブ・レポート!  東京都 Tさん

 

「毎週末100キロ程度乗るだけのホビーライダーですが、オイルは様々試してきました。最近では、V社の青いのを使っていまして、不満はありませんでした。しかし、縁あってProRide Riding Lubeソフトを手にとることに。

 

オイルのケースを逆さまにすると、独特の粘りがあります。一見して、汚れそう、という雰囲気。脱脂をしっかり行い、カンパニョーロチェーンにオイル注入。ここで気が付いたのですが、少量1滴リンクに垂らすと、あら不思議、一瞬でオイルがリンクの中に納まります。見てて気持ち良い。指で撫で上げても、指への付着がほとんどありません。これにはびっくり。チェーンへの定着性が高いのでしょう。そして、かるく馴染ませるために変速を行うと、静音性が半端ない。なんてこった。パッケージを見た時の予想とは裏腹に、期待度MAXに振り切りました。

 

さて肝心の実走では、予想通りの滑らかなフィーリング。トルクを掛けると、うすーいクッション性を感じ、足に不快な衝撃が来ない感じ。これは長距離でも有利だし、なんとなく、ギアを上げたくなっちゃう。わたくし足は無いので、ある意味キケン。キケンなオイルです笑。足がある人なら確実にアドバンテージになるはず。

機械式カンパニョーロは、リアのシフトアップの際「カン」と五感に響く感触(イタリア-ンな色気)がたまらないのですが、この快感は全く邪魔にしない。ホント色々びっくりのオイルです。

 

100キロ走り帰宅してチェーンを見ると、汚れはスプロケットと主に触れているところがうっすら汚れている程度。汚れとも呼べないような汚れです。ウェスで軽く2、3周チェーンを拭えば、光り輝くチェーンに早変わり。

この瞬間、もう他のオイルには戻れないかも、、と、井川遥に出会った時以来のとんでも無い衝撃を感じた私なのでした。」

 

 

 

 

2018 最終戦 妙高大会レポート

藤木選手からのレポートです!

大会名:CJ1妙高杉ノ原STAGE
日付:10/27
カテゴリー:男子ジュニア
リザルト:1位
使用バイク:MONDRAKER 2018 PODIUM                CARBON RR
使用タイヤ:Michelin XCR , XC
使用サスペンション:Fox 32 step cast Float 29            Factory  Kashima
使用ヘルメット:OGKkabuto STEAIR
使用グローブ:OGKkabuto PRGー5
(レース前日)
天気は晴れでコースもドライだった。CJ2妙高の時のコースと若干違ったレイアウトとなっていた。
(レース当日)
朝から試走をして、ご飯を食べてレースに備えた。13時02分になり男子ジュニアのレースがスタートした。レースは5周回で行われた。スタートはペダルが上手くはまらず出遅れてしまった。追い上げてトップにたった。しかし、ホームストレートが終わり折り返し地点の下りで転倒してしまった。最後尾からのスタートとなった。今日の僕は転倒しても冷静だった。落ち着いてトップとの差を埋めていく。3周目で何とかトップ集団に追いつくことが出来た。そこからはしんどかったがペースを上げようと心掛けた。最終周は韓国の選手と一騎打ちとなった。前に行かれたり、追い抜いたり、色々な駆け引きがあった。しんどかった時もあったが楽しさの方が強かった。最後の登りで引き離すことができた。結果、優勝することが出来た。
(大会を振り返って)
今シーズンを締めくくる最終戦で優勝することができて、嬉しいです。
来年からはエリートクラスなので来シーズンに向けてトレーニング頑張ります!
今シーズンも沢山の応援、サポートありがとうございました!
山田選手からのレポートです!
妙高大会11月27日(土) 起床5:30 朝食7:20 きつねうどん アップ8:15試走を兼ねてアップ スタート9:30 カデット  初めての、チャレンジ オープンとのスタート 大人たちとスタートして わくわくしたり、でも 今いる位置というか、順位とか自分の場所がわからなかった。でも楽しかった。登りは予想以上に うまく走れた一方 下りが遅すぎたから、トレーニングに下りを取り入れたい。 シングルで前の人が 転んでしまって、止まることもあるので、シングルに入る前は 抜かせるだけ 抜かしたい 前の人がシングルで転んだとき 止まり、カデットのトップと離れていた。せっかく 先頭集団にいても こうゆうことがあると離れてしまうので怖いと感じた。 沢山の人でレースするときは、こうゆうこともあるので気をつけたい。 応援ありがとうございました。 来年も、頑張ります。  山田 愛太
神永選手からのレポートです!
CJ-1 妙高 レポート リザルト ジュニア 5位 最終戦の妙高大会。 最近調子が良かったのですごく楽しみだった。 今回は金曜日に学校のテストがあったため、土曜日に当日入りとなった。 朝8時ごろから試走を1周した。 コースは去年から少し変わっており、短くなった印象だった。 男子ジュニアは13時2分スタート。 男子ユースを見てまったりと過ごし、12時ごろから、いつも通りローラーと近くの坂でアップを始めた。 ついにスタート。 15秒前からすぐにピストルが鳴ったが、しっかり反応する事ができ、トップでアスファルト区間を終えた。 下りに入る時には1人に抜かされてしまい2番手に。 すると前の選手が転倒。 反応する事ができず、自分も転倒した際に、ハンドルで膝をぶつけてしまい、大きくハンドルが曲がってしまった。 立ち上がってなんとかフィードまで走り、直して再スタート。 最下位から必死に前を追った。 しかし、焦ってしまっていてミスを連発。 うまく走る事ができなくトップとの差が縮まらない。 3周目あたりからようやくしっかり走る事ができたが、追いつかず5位でゴールした。 今回は転倒から焦ってしまい、うまく走る事が出来なかった。 最終戦がこんな結果になってしまい悔しくて仕方ないですが、来シーズンに向けてしっかりと練習していきます。 今シーズンも本当に応援サポートありがとうございました! 来シーズンも応援よろしくお願いします! 使用バイク PODIUM CARBON R 使用サスペンション 32 FLOAT SC 29in 100 使用ヘルメット OGKカブトSTEAIR 使用グローブ OGKカブトPRG-5 使用サングラス RUDY PROJECT
山口選手からのレポートです!

日時 10月27日

大会名 CJ妙高ステージ

カテゴリー  男子ジュニア

リザルト 3位

使用バイク 2018 Mondraker PODIUM CARBON RR

http://www.mondraker.com/es/en/2018-podium-carbon-rr

使用サスペンション  Fox 32 Step Cast Float 29 Factory Kashima, FIT4, EVOL,

http://www.ridefox.jp/forks/32.html

使用タイヤ

Michelin Force XC

http://nichinao.jp/archives/2951

使用ボトルゲージ OGKカブト RC-13

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/accessory/bottlecage/rc-13.html

使用ヘルメット OGKカブトSTEAIR

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/steair/steair.html

使用グローブ OGKカブトPRG-5

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/glove/prg/prg-5.html

使用シューズ

LAKEmx332カスタムカラー

http://www.kirschberg.co.jp/lakecycling/

使用ジャージ

レジェフィット長袖ジャージ

https://www.wave-one.jp/fullorder/products/14.html

レジェフィット75パンツ

http://www.wave-one.com/item/leggefit_75pt.html

WAVE ONEレーシングソックス

http://www.wave-one.com/sp/category_item/item_cyclesox.html

本当にうまく走らなかった今年のCJシリーズも、もう今回で最終戦。しっかりと結果を残したかった。トレーニングもしっかりとして、レースに挑む最善は尽くせていた。

下関が台風で中止になり、白馬から本当に久しぶりのレースとなった。

レース前日

ちょうど12時くらいに会場に着き受付をして、コースオープンを待ち試走を2周とあとは細々したところのチェックをして終了しました。

コースは上りも下りも基本芝生ベースで、下りの間にシングルトラックがちょっとずつ入ってきているコースでした。

試走の感じはすごくよく、凄く軽快に走れ、翌日のレースがすごく楽しみでした。

レース当日

朝7時に起床。ご飯を食べて会場へ行きました。夜中の雨のせいで微妙にマッドコースでしたが、女子カテゴリーが走っているときに降り出した雨で、完全ドロドロマッドコースになりました。タイヤも悩んでいましたが、しっかり雨が降ってくれたおかげで迷いもなくなり、気持ち的にもしっかりレースに向けることができるようになりました。

レース1時間前からアップ開始。レースの準備はしっかりできていました。

レーススタート

スタートはエリートと2分の時差スタート。スタート15秒前のアナウンスの後、すぐにピストルがなりました。しっかり反応できて、誰にも遅れをとることなくスタートできました。

スタートしてすぐの下りで、先頭が落車。路面がマッドでしかも芝生だったので、誰か転けると予想できていたので、目の前での落車でしたがすぐに避けることができました。

出来るだけ差を広げるためにストレートの登りでもがこうとしますが、試走の時のような走りができませんでした。

3周目まではずっと韓国人選手と2人パック。抜きつ抜かれつでレースを進めていきました。絶対に後ろに追いつかれたくなかったんですが、だんだん後ろとの差が広まっていくばかり。逃げようとしますが体が動かない。ジリジリと差を詰められ、3周目の登りで3番手に追いつかれてしまいました。意地でも食らいつきたかったですが、体が上手く動かず、少し粘るくらいで、先頭から離れて差しまいました。

差をできるだけ開けないように踏ん張りましたがだんだん差が開いていくばかりで、ラストの一周では4番手に抜かされてしまいました。意地でも表彰台には乗らないとと言う気持ちでふくらはぎもつっていましたが、得意な登りで抜き返し、最後は3位でゴールでした。

本当に勝てなかったシーズンでした。

そんな中でも、負けていてもずっと応援してくださった方々本当にいつもありがとうございます。レース中の応援は本当に自分の力になってもっと頑張らないとって自分をさらに追い込めます。

皆さんの応援が無かったら本当に今シーズン走りきれなかったかもしれません。

応援があるからこそ、今回こそ!今回こそ!と思いレースに挑めました。本当にありがとうございました。

皆さんの応援のお返しにも、自分の今シーズンのケジメにも、しっかり最終戦優勝したかったですができなくてすいませんでした。

来シーズンはもっともっと練習して、皆さんの応援に応えられるように頑張ります。優勝します!

本当に今シーズン応援、サポートしていただいた皆様本当に今シーズンもありがとうございました。結果は残せませんでしたが、勉強になる事も沢山あって無駄ではないシーズンだったと思います。

今回も沢山の応援、サポートありがとうございました!

今シーズンはこれで終わりですが、来年も変わらぬ沢山の応援、サポートよろしくお願いします!

TEAM Pro Ride 山口 創平

 

北林選手からのレポートです!

CJ妙高杉の原
カテゴリーユース
リザルト4位

レース前日
レース前日は試走に行きませんでした。
学校に行きました。

レース当日
レース当日に試走しました。
コースは変わらず上りの多い自分にとっては得意なコースでした。
少し雨が降って少しスリップしたけどとてもグリップが強かったです。
アップはいつものようにしました。
けれども少し足に疲労があったのでゆっくりと体を温めてから仕上げていきました。
スタートしてからいつもよりは力が入らなかったけど先頭に出ることができました。
降り始めてからこれはいけると思いました。
けれども次の登りで追いつかれてしまいだいぶ悔しかったです。
けれどもそこで諦めずにもう一回アタックをかけて引き離そうとしたけど足がパンパンでした。なので離されてしまいました。
けどその後もしっかりと追い込むことのできるレースができたので良かったです。
結果は良くなかったけど来シーズンに向けてのとてもいい刺激になったので良かったです。
来年は1位になるためにしっかりと追い込んでいきたいと思います。

応援、サポート、ありがとうございました。

 

江越選手からのレポートです!

大会名:cj1妙高杉ノ原高原STAGE 日付:10/27 カテゴリー:男子カデット リザルト:3位 (レース当日) 朝は2周試走しアップや、ストレッチなどをしながら本番に備えた。 天気は雨で路面はウェットだという ことは、わかっていたので、 タイヤはMAXXSのARDENTにし、 空気圧は前後1,5気圧で走った。 スタートはチャレンジクラスと 同時スタートだったので、落車がある可能性があったので、焦らず慎重に、スタートした。下りでは精一杯攻めました。 登りでは重めのギアでダンシングをして、走った。 最初はトップだったが、徐々に 疲れてきて他の選手に抜かされてしまい最終的には、3位に落ちてしまった。 2周目の最終回では、自分の持ってる全ての力を振り絞り、走りました。結果は3位で終わりました。 (来年の意気込み) 来年になると自分はユースクラスに なります。今までよりもっと練習して ユース選手に付いて行けるように 頑張りたいとおもいます。