2016 八幡浜大会レースレポート

北林選手からのレポートです!

IMG_9814

 

大会名  ジャパンシリーズ八幡浜
開催期間  5月14〜15日
開催地  愛媛県 八幡浜
カテゴリー  ジュニア
リザルト  2位

レース前日
レース前日は地元の白馬村から長時間ドライブをして会場の八幡浜に行きました。八幡浜は自分は初めて来た場所だったので乗るのが楽しみでした。コースはスタート直後に緩いアスファルトの登りがあり、スピードがあるコーナーが続いてから林を抜け、会場の裏の林の中に入っていき、ゴールに帰ってくるコースレイアウトでした。裏の林の中は根っこの多いセクションがあったり、ドロップオフのあるセクションがあったり試走の時からエンジョイしながら走る事が出来ました。

レース当日
レース当日は6時頃に会場に行き、試走をする予定でしたが体が少し重かったのでケアをする事にしました。会場でゆっくりしている時に監督と話をする時間があったのでいろいろアドバイスをもらいバイクのセッティングのテストをしました。自分の体に合わせてもらい試して乗ってみたらすごく調子良かったのでそのままレースに出場しました。今回はアジア選手権の反省をいかしスタートの4時間前に朝食をとりました。スタートまでの時間はユースのレースを見たり、コースをイメージして集中しました。今回はアジア選手権でいろいろ思うように出来なかったトラウマもあり、いろいろ考えすぎてスタートまでは緊張で直前に気持ちを入れ替え、今、目の前で起きてる事に集中して走ろうと思いました。
11時になりレースがスタートしました。スタートして、最初のシングルトラックに7か8番手で入り、最初のフィードに行くまでに3番手ぐらいまで順位をあげ、登りに入った時に先頭で走ってる選手が見えましたが2番手を走ってる選手をなかなか抜く場所がなく抜けませんでしたが少し開けたところでダッシュして抜き、1周目を終えてから少しずつ差を詰めていきましたが途中で前にいる選手をうまくぬくことができずペースをあげることが出来ませんでした。最初に開いた差を詰めることが出来ないまま最終回に入り、アタックをしましたが足をつってしまいペースを上げられず最後まで最初に開いた差を詰める事なくゴールしました。

今回のレースでは先頭を走っている選手に最初から最後まで絡む事できなくて悔しかったですが自分の中ではこの後のレースのためにはいいステップになったのでよかったです。次の富士見まで時間があるので今回見つかった課題を自分のものにしていい走りをします。今回もたくさんの応援、サポートありがとうございました。

TeamProRide  北林力

 

瀬戸選手からのレポートです!

IMG_9841

大会名:やわたはま国際MTBレース

会場:八幡浜市民スポーツパーク

開催日:5月15日

クラス:junior

周回数:5laps(21.50km)

リザルト:8位

前日の昼頃に現地入りし、ボディメンテナンスを受けた後、試走を2周行いました。

コースは、舗装路の登りが無くなり、桜坂から直で舗装路のとっぺんまで登るという昨年よりタフなコースになっていました。

ジュニアクラスのスタートは、11時といつもより早い。 スタートまで軽くローラーとストレッチで足の回復を待ち、レースの時間に合わせて、20分ほどローラーを回してアップをし招集エリアへ向かいました。

U23の選手と同時出走ということで2列目でスタート。 直後の舗装路の登りは、いけるとこまでいってシングルに入ろうと思い、中盤くらいで最初のシングルに入りました。

しかし、リズムよく下れず順位をあげることが出来ませんでした。 2周目から腰に痛みが出始め、桜坂や桜坂後の登りを上手く踏ん張って登ることができず、だんだん順位をおとしていってしまいました。

なんとかゴールしたいという気持ちで、きつい登りは押し8位でゴール。

今回のレースは、とてもきついレースになりました。先ずは、身体の疲労を取り除き、良い状態で走れるように努力していきます。

今回のレースを振り返って、痛みが出てから冷静さを失っていたと思います。どんな状況になっても、自分を失わないようにレースを組み立てていきます。

大会後、治療を受けに行くと腰が張っていて、踏み足をかなり使っていることが分かりました。 富士見まで限られた時間を大切に準備していきます。

沢山の応援、サポートありがとうございました!

江越選手からのレポートです!

IMG_9854

八幡浜レポート

大会名  coup du japon やわたはま国際 XCO

クラス  junior

リザルト 4位

天候  晴れ/曇り

周回数 5周

【レース前日】

前日は車で約10時間の長旅を経て会場に到着した。

少々、長時間の移動により少し疲労気味な感覚がしたが、コースのインスペクション前に

マッサージとストレッチを受けて身体全体が軽くなり感覚も戻った事により、インスペクション時の走行もとてもスムーズに進んだ。

八幡浜のコースを走るのは約2年ぶりという事もありあまり記憶に無い部分もあったが、

走ってみると、葛折りになった下りのシングルトラックや数カ所ある急勾配な上り区間、

ダイナミックなドロップオフといった感じのテクニカルなコース設定になっていて、2年前のコースより断然パワーアップした様な印象でした。

【レース当日】

当日は朝の6時に起床して、7時には現地入りを済ませてコースの一部を1度試走して

レース本番で使用するタイヤを決めました。

レース前には、軽食とウォーミングアップやストレッチなどを行い、全ての準備を

完璧にこなした上でスタートに臨んだ。

スタートは最前列という事もあり、かなりスムーズにスタートは成功し、そこから最初のシングルトラックにはジュニア内では3位の位置に着いていた。

だが、そのシングルトラックを隊列状で走行中の際にフロントのチェーンリングからチェーンが外れてしまい、その場で停止して直す形になってしまい2つほどポジションダウン。

その後の上りで1人パスして4位にポジションアップ

その後も上りではパースを落とさないように心掛け、下りでは思いっきり攻めて、ドロップオフなどの大きい動きを必要とする区間では落車してタイムロスにならないようにするため、無難にクリアして行くことが出来ました。

だが、思いの外最初のチェーントラブルのタイムロスが大きかったためか、前との差はあまり縮まることは無く、そのまま4位でゴールとなった。

【レースを振り返って】

今回のレースでは個人的には自分の良い点と悪い点がハッキリ出たレースだと思いました。

良かった点

まず良かった点として挙げられるのは、それぞれの周回数をコンスタントにほぼ同じラップタイムで、タレずにペースダウンしなかった点が挙げられます。

そして二つ目としては、チェーントラブルの際に焦ること無く冷静に対処が出来たと思います。

恐らくあそこで冷静に対処が出来ていなかったら、さらにバイクの状態を悪化させてしまったり、もっと時間が掛かり余計にタイムロスになっていた恐れがあったと思います。

悪かった点

次に悪かった点として挙げられるのは、良い点でも挙がった『コンスタントに走れた事』

です。

これは僕自身の考え方ですが、『コンスタントに走れる』と言う事は逆に悪く言い換えると『突発性が無い』と考える事ができる観点だと思いました。

以上の点を踏まえ、今後の活動・トレーニングに繋げて行こうと思います。

次戦の富士見まであまり時間はありませんが、しっかりとトレーニングと休息を摂り次こそは結果を出したいと考えています。

今回も沢山のサポート、応援ありがとうございました!!

江越 昇也

 

神永選手からのレポートです!

IMG_9772 (1)

CJ-U 八幡浜 リザルト 3位 今回も前日に模試試験があったためレース当日入りとなった。 [レース当日] コースは昨年より短くなっており、限られた時間の中で試走を行った。 [スタート] クリートキャッチがうまくいき、2位でシングルへ。 いつも以上に心拍があがり、そのまま桜坂という長い登りに。 呼吸が乱れ、足が回らず3位に落ちた。 さらに二周目に足がつってしまい、ペースダウン。 3周目には一位の選手にだいぶ離されており、二位の選手は目の前にいたが、パスすることができず結果3位でゴールした。 もう次の試合が終わったら全日本選手権。 このままの調子で行くと勝てないのはわかっているので、今回見つかった課題を修正し、限られた時間の中で仕上げていきたいと思います。 次の試合も目一杯頑張ります。 応援ありがとうございました!

 

山口創平選手からのレポートです!

IMG_9746

日時          5月15日
大会名      八幡浜国際MTBレース
開催地     愛媛県八幡浜市
カテゴリー  ユース
リザルト    2位
今回のレースは、uciレースだったので、すごく燃えていました。
コースはかなり滑るところが多く、根っこも多いコースでした。
レース前日
まず会場に着いてから、一時間後くらいに監督のマッサージを受けました。
その後去年とコースがすこしかわっていたので、試走を多めの3周行きました。
ホテルに戻ってからすぐにご飯を食べに行き、その後すぐにお風呂に入って8時半くらいには寝れました。
体調はいい感じでした。
レース前
会場に入って、一周しそうに行きました。
前日とは違い、コースは少し乾いていましたら。
その後、軽く足を回す程度にローラーを漕ぎました。
また30分くらいしてから、アップをしました。
レース中
いつもの緊張感の中、スタートしました。
スタートはうまくいきましたが、二人だけシングルに入るまでに後ろにつれてしまっていました。
グランドに出る登りで、ゴムのベロで滑っ手足をついてしまい、少し開けていた後ろの選手達に追いつかれました。
そのまま桜坂へと進み、1人少しだけ離しました。桜坂が終わってからのアスファルトの下りでドリンクを飲んでいると後ろの選手に抜かれましたその後焦ってしまいいけるはずのところで何回か足をついてしまいました。
ぐんぐん先頭と差が広がっていく中後ろとの差がなかなか広がりませんでした。そのままなにも起こらないままゴールしてしまいました。
アップの時から何かが空回りしていたところがあったと思います。
何かを思い込みすぎていたかもしれません。
次戦は富士見、僕の一番好きなコースなので、楽しんでレースをしたいと思います!
応援 サポートありがとうございました!
山口創平

 

 

2016 アジア選手権大会 in タイ・チャイナット

タイで開催されたアジア選手権のレポートです。

北林選手

IMG_9850

大会名  アジア選手権
開催期間 5月3〜10日
開催地  タイ チャイナット
カテゴリー  ジュニア
リザルト  リレー 3位   XCO リタイア  XCE 8位

レース前の生活
日本から長いを移動をして夜に会場のあるチャイナットに到着しました。着いた時におもったのは、この時間帯なのに信じられない温度で、正直この気温で運動したらどうなるのだろうと思いました。
次の日の午前に自転車をくみ午後からチーム全体でコース試走にいきました。コース試走では1周先輩達とゆっくりはしりました、足はいい感じに動くのですが、心拍数がゆっくり走っているにもかかわらずmaxの心拍数になり、頭が暑くなり、締め付けられる感じがして、体が動かなくなったのでしばらくテントの下で休んでから宿泊地に帰りました。
その次の日も試走に行きましたが、暑さにやられてあまりコースの中で走る事が出来ませんでした。さすがにまずいと思ったので、周りの人にいろいろ聞き、暑さの中でローラーを漕いで汗をたくさん出して毛穴を広げるのがいいと聞いたのでレース前の数日間で何度かこの対策方法を行いました。
その次の日にチームリレーに第三走者で走らせてもらいました。この日は暑さにも慣れて、来た日よりは快適でしたレースでは一度でかいミスをしてしまいましたが、しっかり走りきり、三番手でアンカーの安里さんにバトンタッチしました。
レース当日
レースのスタート時間が午後二時だっただったのであさに一度ローラーに乗り、その後は部屋でリラックスしてから1時間半前の12時半に会場に行き、1時間前にローラーでアップしました。
2時になり、レースがスタートしました。スタートはとてもうまくいき先頭でレースを展開し、この暑さだとあまりハイペースで走りすぎない方がいいと聞いていたので、うまく自分をコントロールしながら走り1周目は先頭で走り2周目に入り、後ろにいた選手がアタックをかけたのでついていき下りに入って次の登りに入って登っている時にてがしびれて背筋が寒くなり、次の下りで目がくらんで力が入らなくなり下りでもうまく判断出来なくなりふらつきながら走ることしか出来なくなり、後ろから来る選手に当たったりしてしまったので危ないと思いなんとか2周目を走り終えてからリタイアという判断をしました。

今回のアジア選手権は悔しい事がたくさんありましたが、いろいろな事を教えてもらいたくさんの事を学ぶ事が出来ました。自分の準備不足によりこんな結果になってしまいましたが、いろいろな知識もえることができ、レース前の準備がいかに大事かということ改めて痛感しました。これから激的進化をしてはやくなります。応援、サポートしていただいた皆さん、日本チームの監督、スタッフ、メカニック、マッサージ、選手の皆さんいろいろありがとうございました。
TeamProRide  北林 力

江越選手からのレポートです!

IMG_9819

アジア選手権レポート

大会名 アジアマウンテンバイク選手権

開催国 タイ

クラス  junior

リザルト 7位

天候  晴れ

周回数 3周

【レース前日】

今回は海外遠征ということもあり前日に現地入りするのではなく4日前に現地入りした。

その後、飛行機と現地の移動バスで約9、10時間かけてレース会場のチャイナットに到着しました。

タイの空港に降り立った時点でとにかく印象的だったのが、今まで体験した事のない程の蒸し暑さでした。

恐らく日本の夏場の気温以上に暑かったのではないかと思います。

そしてタイで初の朝を迎えました、

1日目の午前中は宿泊施設に設けてある室内の広場でバイクを組み立て、午後には待ち遠しく思っていたコースの試走に向かいました。

試走に行った時間が2時で、その時間が1番気温が高く僕が確認した限りでは42度ありました。

そんなこともあり、その日のコースの試走は熱中症も考慮して2時間ほどで終了しました。

その日走った全体の印象は暑さも凄かったのですが、思いの外暑さに順応出来ていたため集中してコースの試走が出来ました。

次の日も試走を行い、細かいセッティングや当日使うタイヤを選択して、本番でどうやって走るかというイメージが浮かんで来ました。

暑さに対しても体の反応は良く、初日の試走時より汗も出るようになって体内の熱が外に出てる感覚が感じられました。

食事に関しては現地で食べられてる料理が殆どで、中には見た事もない料理もありましたが、食べてみると以外と美味しくストレスなく食べる事が出来ました。

3日目はリレー競技の観戦に向かいました。

Japanチームもそうですが、他の海外選手の走りも観る事もできたので収穫の多いレース観戦となりました。

その後は宿泊施設に戻って、次の日のレースに備えるべくマッサージをして頂き身体のコンディションを整えて、その日は早く寝ました。

【レース当日】

当日は2時のスタート時間に合わせて、12時半に会場入りしてローラーでのウォーミングアップや軽いマッサージをマッサーの方にして貰いました。

スタート位置は2列目からのスタートとなりました。

スタートダッシュは上手く成功しましたが、その直後の少し堀の深い上り返しで僕の前を走る選手が上りきれずストップしてしまい、その拍子で僕の後ろの選手が突っ込んで来てしまいました。

直後急いでリスタートしましたが、リアディレイラー付近から妙な音が聞こえて確認するとリアディレイラーが一部破損してハンガー部分が変な向きになってしまいました。

恐らくぶつかった時の拍子になったものと考え、そこからは駆動系に負担を加えないよう前を追いかけました。

一部使う事が出来ないギアがあったがシフトチェンジは可能だったためテックゾーンには入らず、リズミカルな細かいアップダウン区間ではリズムを崩す事ないよう心掛けて、上りでは暑さで倒れてしまう恐れもあったため呼吸を意識して走りました。

その後は周回数をこなすごとに前の選手を捉え6、7人はパスする事に成功しポジションアップに繋がり最後は7位で完走しました。

【レース後の反省】

今回のレースでの反省点は、やはり最初のスタートでリアディレイラーを破損して大きな遅れを取ってしまった点にあると思いました。

スタートする前から「こうなるかもしれない」と想像していれば未然に防げたと思うし、何より機材スポーツでは壊さないように競技を行う事は、当たり前の行動だと思うのでとても悔しい部分でした。

ですが、事前の下準備や体調管理、暑さ対策といったレース前の準備は今までのレースの中では完璧にこなす事ができたのではないかと思います

ですので、今後はもっと自己分析を進め自分の得意な点と不得意、苦手な面を克服し、もしまた機会があったらその時は是非リベンジして、最高の走りが出来るようにしたいと思います。

沢山の応援、Team Japanの監督、先輩方、メカニック、マッサーの皆さん沢山のサポートをありがとうございました。

Team ProRide江越 昇也