田沢湖大会レーポート!

藤木選手からのレポートです!

 

大会名:coupe du japon 秋田県 田沢湖
日付:7/1
カテゴリー:男子ジュニア
リザルト:1位
バイク:MONDRAKER leader RR29er2017
(大会前日)
今回の大会会場は秋田県で住んでいるところから10時間くらい移動に時間が掛かった。金曜日の夜に出て土曜日の朝の4:30に会場に到着した。
朝9時から試走をした。前日は雨が降っていたため、コースはウェットだった。シングルコースがとても面白いコースだった。空気圧、コースラインを色々試しながら走った。昼頃、急に雨が降ってきたので雨の試合をイメージして1周走った。
(大会当日)
朝は6:30に起き、7:30から試走をした。
コースは予想通りウェットだった。
試走をした後は朝食を取り、ゆっくりと過ごした。
12時からアップを始め、スタートに備えた。13時22分になりスタートした。
レースは4周回。
1周目、スタートはうまくいった。シングルコースに入る手前で2人の選手に抜かれ、3番手でレースを進める。前の選手を抜かそうと思ってもなかなかコースが細く抜かせない。雨の影響で木の根元が滑りやすかったので、滑らない無駄がない走りを意識して走った。
2周目に入り、1人の選手をパスして、トップの選手を追いかけた。心拍的にはまだいけたが体への負担が感じられた。ここで諦めたらダメだと自分に言い聞かせ、自分を励ました。シングルコースに入る手前でトップの選手をロックオン。韓国の選手と先頭パックでレースを進めた。
中盤、『いける』と直感で感じたので思うがままにアタックした。
3周目、2位の選手と差が開いてることがわかったのでさらに差を広げようと頑張った。
4周目に入り、2位の選手と差があったので安全に走るように心がけた。ゴールまで何が起きるかわからないので優勝を考えないように走った。
結果CJ1初めての優勝でゴールすることが出来た。
(大会を振り返って)
全日本に向けていいレース展開に持ち込むことができました。これから全日本に向けて沢山のイメージを作って、万全な状態で挑みたいと思います。
沢山の応援、サポートありがとうございました。

 

山口選手からのレポートです!

日時 7月1日

大会名 CJ-1 田沢湖

カテゴリー  男子ジュニア

リザルト 2位

使用バイク 2018 Mondraker PODIUM CARBON RR

http://www.mondraker.com/es/en/2018-podium-carbon-rr

使用サスペンション  Fox 32 Step Cast Float 29 Factory Kashima, FIT4, EVOL,

http://www.ridefox.jp/forks/32.html

使用タイヤMichelin Force XC

http://nichinao.jp/archives/2951

使用ボトルゲージ OGKカブト RC-13

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/accessory/bottlecage/rc-13.html

使用ヘルメット OGKカブトSTEAIR

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/steair/steair.html

使用グローブ OGKカブトPRG-5

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/glove/prg/prg-5.html

使用シューズ

LAKEmx332カスタムカラー

使用ジャージ

レジェフィット半袖ジャージ

http://www.wave-one.com/item/leggefit_hs.html

レジェフィット75パンツ

http://www.wave-one.com/item/leggefit_75pt.html

WAVE ONEレーシングソックス

http://www.wave-one.com/sp/category_item/item_cyclesox.html

初の田沢湖のレース。

どんなコースで、どんなところかもまったく分からず、ドキドキ、ワクワクな気分でした。

体調もかなり良くなり、今の万全の準備で挑めました。

レース前日

朝、飛行機で秋田空港に到着。

そこから車で、会場に着いたのは、お昼頃でした。

はじめてのコースだったので、しっかりコースを見つつ、ラインの確認などじっくりしました。

コースは、ドロドロのコースで、川ができるほどでした。

よるは10時ごろに就寝。

しっかり寝れました。

レース前

コースは、前日の状態と打って変わって、コースの川はきえ、少しドライになっていました。

雨も止み、日も照ってきて、蒸し暑くなりそうな感じてました。

レース1時間前にアップをしっかりして、スタートラインに並びました。

レース本番

スタートは前列の一番左。

スタートはうまくいきました。

しっかりと自分のペースで走りました。

スタートから、1周半くらいまで、トップを守りましたが、途中から、二人に抜かされてしまいました。

着いて行こうとしますが、なかなか着いて行けず、ペースの差を感じました。

最初にハイペースで行ってしまったからかもしれません。

その後、3週目に入った頃に、前の選手を1人視界に見つけました。

一人でも前に!と思い、一人パス。

ですが、前の選手は見えましたが、なかなか遠く、全力で追いましたが、エリート選手の詰まりなどもあり、追いつけず、2番てでゴールとなりました。

今回は、スタートで、前に出すぎたのが失敗だったかもしれません。

しっかりレースを読み、しっかり対応できるようにしていきたいです。

今回のレースもまた負けてしまいました。

本当に悔しいですが、これが今の実力。

全日本まで時間は少ないですが、しっかり全日本に向けて、練習していきたいです。

今回も負けてしまい、本当にすいませんでした。

次戦は全日本!

しっかり練習して、レースに挑むのでこれからも応援サポートよろしくお願いします。

今回も沢山の応援サポートありがとうございました。

TEAM Pro Ride山口創平

2018 CJ2 妙高大会レポート

藤木選手からのレポートです!

大会名:coupe du japon 新潟/妙高杉ノ原
日付:6\24
カテゴリー:男子ジュニア
リザルト:1位
バイク:MONDRAKER leader RR29er2017
(大会前日)
12時ごろに会場に到着し、5周試走をした。斜面に応じて姿勢を変えながらどういう角度がいいか、考えながら走った。
(大会当日)
朝は6時に起床して、試走を行った。昨日小雨が降った影響で路面状況が変わっているんではないかと思っていたが、それほど変わっていなかった。
試走を終えて、ゆっくりと朝ごはんを食べてレースの準備をした。
ユースの試合を観戦していて、チームメイトの仁くんが2位になったので僕もやってやるって言う感情が湧いてきた。
レース1時間前になり、アップをした。
今回はエリートと同時出走ということで非常にワクワクしていた。
14時になりスタートした。初めから果敢に攻めて、いい位置どりを取ることができた。
その後ジュニア先頭は僕を含めて2人でレースが展開された。相手のペースが速くなった時、諦めかけそうになる時もあったが、ここで諦めたらダメだと自分を励ましながらゴールまで力を振り絞った。結果1位でゴールすることが出来た。
(大会を振り返って)
優勝は初めてだったのでゴールでは自然に嬉しさが込み上げてガッツポーズをしてしまった。
今回の経験は自分にとって自信にもなったし、これからもっと強くならないといけないとも思った。これからも練習頑張ります!
沢山の応援、サポートありがとうございました。

 

 

北林選手からのレポートです!

CJ2 妙高

リザルト2位

レース前日
レース当日は試走は三周ほどしました。
コースはとても乾いていました。

レース当日
アップはしっかりと一時間前にアップを始めました。
そこまで足の回転は良くない感じでした。
スタートしてから少し遅れてしまいました。
けどフィードから2番手にまで上げました。
その後も落ち着いてついていく事が出来ました。
その後もペースが落ちる事がありませんでした。
とてもレースをしていて気持ちが良かったです。
次の全日本に向けてさらに仕上げていきたいです。

応援、サポート、ありがとうございました。

ProRide  北林 仁

 

 

小林碧選手からのレポートです!

2018/06/24 cj2 妙高 選手:小林碧 リザルト:5位/7 【前日の意気込み】 頑張りたい事は、登りと土曜の試走で繰り返し練習したセクションです。また、前のレースの時にできなかった、下りの姿勢をとることを、頑張りたいです。 【レース前 当日】 体調はよかったです。試走は、軽く一周し、1周目より速くもう1周しました。朝食はパンとおじやを食べました。アップは軽く5分間回しその後心拍を上げることをやりました。 【レース展開】 スタートは、登りに差し掛かるまでは良かったけれど、登りになってからはキッズBの人にも抜かされてしまって、最後までそのままでした。 でも、下りの姿勢をちゃんと取ることができたのでよかったです。また登りは体が揺れていたことがあったので、次は揺れないようにしたいです。 【次回がんばりたいこと】 次のレースは、走っていて気持ちが良いレースをしたいです。また、上りの練習をもっとたくさんしたいです。