シリーズ戦 富士見大会

柚木選手からのレポートです!

日時  73,4

大会名  CJ-1 富士見パノラマ

クラス  ジュニア

リザルト  優勝

<大会前日>

昼頃に会場入りして、試走をした。

3周回してから反復練習をした。

コースのリズムをとり、全てをスムーズに走れるようにしました。

<大会当日>

朝の試走は行わずにユースのレースを見て、路面コンディションなどを確認した。

ユースの時点ではドライ寄りのウエットだった。

しかしその後雨が降ってきて、スタート時は雨が降ってなかったものの、完全にウエットコンディションでした。

スタートは綺麗にでき、先頭で落ち着いて初めの登りを走れました。しかし下りでフロントを滑らせてしまいミスをし、後方選手に追いつかれてしまいました。

その後はエリートの選手をパスしながら、出来るだけ自分のペースで走りました。

下りは転倒しないギリギリで攻めることが出来、いいペースで走れました。しかし自分のイメージよりは攻めて走ることが出来ませんでした。

その後、1度だけ2位の選手に追いつかれてしまうことがありましたが、また落ち着いて少しだけ離し30秒差程前の1位でゴールしました。

転倒は少なめで走れたのですが、久しぶりのウエットコンディションに苦戦してしまいペース上げることが出来ませんでした。

そしてレースを振り返ると上りのスピードが極端に遅いと思うので、もっとリズム良く登れるようにします。

今回も沢山の応援、そしてサポートありがとうございました。次戦もよろしくお願い致します。

 

 

山田選手からのレポートです!

7月4日 富士見パノラマCJ大会 男子ユースクラス

毎日忙しく あっという間にレースの日になってしまう。でも、そんなことは言ってられなく みんな同じなんだと思い いかに効率よくやるか ? 考えてみたい。 レース当日 アップは短く強度にやってみた。 スタートは雨が降らなく、マッドなコンディションだった。1周回目、後半には選手同士が離れると予想し、1周目は、とにかく前の集団につくことを意識した。2周目、じわじわ前につくことを意識してたが、肺はまだ余裕だったが、足がすでにいっぱいだった。そこで、足を回す練習の足りなさを実感した。3周目は、とにかく順位を落とさず、前に選手が見えていたので、それにくらいつこうと意識した。途中転倒をしたが、順位を落とさずゴールはできた。コンディションは良かったので もう少し上位にくいこみたかった。 今レースではメカトラが無くてよかった。白馬大会までには、万全な体勢でいきたい。 応援ありがとうございました。 反省を活かして頑張ります。

山田愛太

 

長見選手からのレポートです!

日時 2021/7/4(日)
大会名 CJ-1富士見
結果 Men-jr  4位
使用機材
bike           mondreker chorono carbon r
helmet      ogkkabuto flair
gloves  ogkkabuto  PRG-6

CJシリーズ初のマッドレースをホーム富士見で迎えた。毎週末練習に連れて来てもらい対策してきたが全く違うコンディションに試走で予定以上の体力と時間を消費してしまった。
レース当日も身体に力が入らずアップの時から少し不安になっていた。
13:32 ジュニアスタート。スタートから身体が重く前の4人とかなり遅れをとる。しかし1周目の中盤には4位の選手の後ろに付き前の2人も見える位置まで追い上げた。そこから2周目後半まで4位の選手と一緒に走るが身体がだんだん動いてきていたのでパスし離して行った。毎週回、変化する路面コンディションに注意しながらミスなく集中して走った。しかし3周目の中盤でバイクを押して走っていると左脹脛攣ってしまい、また詰められてしまった。今までだったらここで焦ってしまいミスしてしまいそうな場面でも落ち着いて対応できたので良かった。その後も落ち着いてミスなく走り4位でゴールした。けして良い順位ではなく、トップとも大差があるが補給や様々な面で成長する事ができた。全日本まで3カ月あるので差を埋めて勝てるように日々成長していきます。雨の中応援サポートありがとうございました!運営の皆様もありがとうございました。
ProRide  長見真左哉

 

江越選手からのレポートです!

大会名:Coupe du Japon 富士見パノラマ XCO

会場名:富士見パノラマ カテゴリー:ユースクラス

リザルト:15位

(レース前日) 朝に現地入りをし、バイクのセットアップを行い試走を行った。 試走日の数日前から雨が降っていたためマッドコンディションになるだろうと予測していたため、あらかじめマッドタイヤを履いて試走を行った。 コースの状況はやはりマッドコンディションであり、芝生のセクションは重く、ロックセクションや根っこが多い所では、入念にライン通りを確認したり、ほかのライダーのラインを見て同じラインを行ってみたりした。 その後、試走をしている最中にシートが取れてしまいトラブルが起きたが臨機応変に対応し、シートを付け直して試走を再開し、しばらくして試走を終えた。 (レース当日) レース当日は朝から雨が多く降っており、気温も試走日に比べて低くなり、少し肌寒いくらいだった。 試走は1周回だけ行いコースコンディションは 試走日よりも泥が少し重く、根っこやロックセクションはより難しくなり攻略するのが少し苦労した。 試走を終えた後は洗車をし、しばらくしてからアップを始め気持ちを高めていった。 (レーススタート) スタートではクリートキャッチがうまくいき 芝生のセクションまでは2番手をキープをしておりポジションキープをしたかったが、後方の選手と少しもつれてしまいパスをされ、このままついていって後から抜かそうと考えていたが、トップのハイスピードに付いて行けず10番手までポジションダウンしてしまった。 2周回目では、息を整え追い上げをしようとペースを上げて行ったが、後半くらいにシートが緩み始め、次第にシートの動きが激しくなりしばらくしてシートが完全に取れてしまった。 3周目では、スタートループからフィードゾーンまでは意地でダンシングで行き、フィードゾーンでシートを付け直しコースに復帰した。 その後は前にいた2人の選手をパスして15位でレースを終えた。 (レースを終えて) 今回のレースではレース中にシートが取れるというトラブルが起きてしまったがそれ以前に、自分のスタミナ不足、メンタル面がとても弱いと痛感しました。 今回のレースでどの点が良かったのかどの点が悪かったのかをしっかり振り返って同じミスを繰り返さぬようまた練習していきます。 今回も沢山の応援、サポートをありがとうございました。

2021朽木大会レポート

5月4日 高島ステージ朽木大会
男子ユースクラス
自分にとって今年初レースだった。昨年から、大会にコンスタントに出ていないため不安はあったが楽しみに迎えた。大会当日の朝にタイヤを変えて試走をした。いつものスタート時間より遅いスタートなので、気持ちもラクに時間をすごせた。アップはスタート 1時間前 この日は寒かったためスタート前まで上着を着て体を温めた。レースでは、スタートは3列目からのスタートだったが、前に出れる事ができ、良い位置につけたがそれも、ものの数分で下がって行ってしまった。焦りがそこで出てしまってフォームが崩れて腰に痛みが出てきた。それでもついて行こうとしたが、肺がいっぱいいっぱいなるより、腰と足がいっぱいになってしまった。後半では、サドルが曲がってしまい、ほぼ立ち漕ぎでコースを走ってゴール。今回のレースは、自分にとって良くない成績だったが、色んな課題が見つかった良いレースだと感じた。沢山課題が見つかったので、次の富士見まで見つかった課題をクリア出来るようにしたいと思った。応援ありがとうございました。
山田愛太
江越選手からのレポートです!
大会名:Coupe du Japon びわ湖高島ステージ
会場名:朽木スキー場
カテゴリー:ユースクラス
結果:5位
(レース当日) 今回のレースは前日の試走日には会場入りせず、レース当日に会場入りをし、試走を行った。 コースの状況は数日前に降った雨の影響により路面が少し濡れていて、土が固まっていたため、少し走りやすかった。 今回はコースが一部省略されていたためいつものような長期戦ではないため自分にとっては有利だった。 試走を終え一休みし、しばらくさてからアップを約30分間行った。 しかし、アップの最中にチェーンのミッシングリンクが切れてしまい急遽新品のチェーンに交換し招集場所に行った。 (レーススタート) スタートはクリートキャッチにミスをすることもなく6位のポジションでスタートした。 今回はコースか短くなっていため一周目からなるべくハードペースで行き、トップの選手に食らい付いて後半に仕掛ける作戦でいたため最初の登りでペースを上げて4位にポジションアップしトップに追いつこうと考えていた。 しかしトップの選手のペースが速く、 追いつけない状況になりこのままのペースだとまずいと感じて、4位でキープしながら後半に追いつこうと考えた。 2周目に入ると1周目でペースを上げ過ぎたせいかうまく足が回らず、腰が痛くなってきて後ろの選手にパスされる形になってしまい9位にポジションダウンをしてしまった。 3周目では呼吸を整え最初の登りではきつくても前の選手に追いつこうと考え、重めのギアでシッティングをし差を詰めて行った。 その結果9位から6位にアップし、ついに4周目に入った。 5位と4位の選手が目の前にいたため絶対に追いついてパスすると思い登りでは重めのギアで登り差を詰めていった。 しかし中盤の登りでギアを軽くした際にチェーンが落ちてしまい、後ろの選手にパスされてしまった。 しかし、下りでなんとか追いついてパスをし5位にポジションアップし終盤の登りでアタックを仕掛け6位の選手を突き放す状況になり目の前に4位の選手がいたため最後のスプリントで抜かして4位でフィニッシュする作戦を考えていた。 最後の下りでは足を休めつつ前の選手に食らい付きついに最後のスプリントに差し掛かりギアを重くしてアタックしたが疲労により上手く踏めず結果は5位でフィニッシュをした。 (レースを終えて) 今回のレースは、前回の菖蒲谷に比べて持久力が大幅に付き後半に追い上げたのがとても良いポイントだった。 しかし、最後のスプリントでは持久力が足らずポジションアップ出来なかったため悔しい形で終わってしまった。 やはり自分はまだ持久力が足りていないため次回のレースでは今回の課題点を少しでも改善し確実に表彰台を目指して行こうと思います。 今回も沢山の応援、サポートありがとうございました。
長見選手からのレポートです!
日時 5/4
大会名 cj1 びわ湖高島
リザルト 5/7  -2lap
使用機材
バイク→mondreker chorono carbon r
ヘルメット→ogkkabuto flair
グローブ→ogkkabuto PRG-6

今季2戦目となる朽木はCJ3戦目となるレースで徐々に緊張や流れもわかってきてスタート前はあまり緊張しなくなってきた。今回のレースはコロナ渦の中で参戦するかを迷ったがしっかり対策をして日帰りで参戦する事にした。当日朝3時に家を出発し7時半頃に会場に到着した。寝不足からか少し身体がフワフワした感じもあったが急いで試走の用意をした。
試走は何度も動画を見ていたのである程度コースは分かっていたので空気圧メインで跳ねずにトラクションが掛かり岩でパンクしない値を探した。

スタートは13:32。クリートキャッチはミスしてしまったが入念にアップをした為身体のキレは悪くなかった。しかしスタート後の長い坂で早くも差ができてしまい改めて乳酸メニューをしっかりやらないといけないと感じた。3周目までは3位の選手も見える位置で走れていたが30分を過ぎた辺りから急に身体が動かなくなり心拍も低く息を吸うと吐き気がしてしまい気持ちではもっと行きたいのに行けないという感じが続いた。集中力もキレ始め6周目に入ろうかというところでカットされてしまった。またもゴールできずに終わってしまった。毎回同じ時間帯でペースが落ちてしまうのは何故だろうと思い監督に質問してみると補給に問題がある事が分かった。これは練習でできていない事は本番でできないのと同じで、如何に練習を本番と思ってやっているかの意識の差だと思った。今回またも悪い結果となってしまったが、何より収穫が多く本当に参戦して良かった。
次戦はホーム富士見です!残り2か月、毎日成長して表彰台に登れる様に頑張ります!応援、サポートありがとうございました!
次回もよろしくお願い致します!
大会関係者の皆様もありがとうございました。
ProRide 長見真左哉