アジア選手権レポート!

北林選手からアジア選手権レポート!

IMG_5375
大会名 アジア選手権
開催地  中国
開催日  リレー:5月12日   XCO:5月14日
カテゴリー ジュニア
周回数  4周
リザルト   リレー:2位         XCO:17位

チームリレー
チームリレーの日は朝から強めの雨が降っていました。雨の中乗るのは好きなのでスタートするまで緊張していましたが楽しみでした。自分の番が回ってくる30分前ぐらいからアップをしてからボックスの中でいつもとは違うプレッシャーの中で自分の番を待ちました。
そして、前に走ったジャパンチームのメンバーが4番手で4走の僕に回してくれたおかげでスタート直後に目の前を走っていたタイチームを抜き、3位の位置まであがり、前を走っていたイランと中国を追いかけましたが、朝降った雨でスリップさせて登りでバイクに乗ることができず、かなりのタイムロスをしてしまい、焦りが混じったまま下りを下っていたら最後に落車をしてしまいかなりのタイムロスをしてしまいました。最後にはアンカーの選手にタッチするときにもミスを犯してしまいかなりのショックを受けて自分の役を3番手で次の選手に渡して終えました。
その後アンカーの選手が2位まで追い上げてくれました。表彰台に上がり嬉しいはずですが自分の走りに満足できなかったのと自分がうまく走れば勝てたかもという気持ちでショックを受けたまま表彰式を終えました。image2

XCOレース当日
僕の中で勝たなきゃって思いがとても強く、いつもより少し緊張が高い状態でエネルギー補給やアップをしました。僕は昨年と同様にアジア選手権まで与えられた時間は少なくて焦りも少し感じていましたがそれが練習へのモチベーションともなりスキーのレース中もローラーを移動バスに積み込んで練習したりしてできることは少ない時間の中でやってきたのでそれをスタート前の自信にしてスタートを切りました。
スタートをしてすぐのスタートループは冷静に走りながら3か4番手につけ、1週目に入って最初の狭くなるシングルトラックの登りでいい感じに足に力が入り、先頭で最初のダウンヒルに入ることができました。ですが最初のテクニカルなロックセクションに入る直前に自分のラインどりに集中していたところで後ろの選手がバイクを担ごうとしたときにセクションに入ろうとしていた僕の後輪とシートポストバイクが当たってしまい、大した衝撃はなかったのに僕が動揺したのか転倒してしまいましたがバイクを持ち上げて再スタートしてレースに戻ろうと集中していましたが空気の抜ける嫌な音がして自分のタイヤじゃないと願いましたが自分のタイヤの空気が抜けてしまっていました。でもピットまで担いだり乗れるところ乗っていき、ジャパンチームの素早い対応のおかげでレースに戻ることができました。ですが約1週パンクタイヤとランニングで走ったので周りから先頭のタイム差を聞いたときに勝ちたかったためその差にショックを受けてしまい、スイッチを入れられずに諦めて走ってしまっている自分にさらにショックを受けてしまいました。その後も転倒で打った筋肉が攣ったりしてしまいペースが上げられずかなりの大差をつけられてゴールしました。
僕のシーズン中の最大の目標はアジアチャンピオンになることでした。練習期間がまた短くなってしまったため厳しい戦いになるとはおもっていましたが、くだらないミスのせいでこのような結果に無ったのは本当に準備不足だったということでした。悔しくてレース後は立ち直れませんでしたがいろんな人に相談した後に頭の中で整理してこれから強くなっていくための方向が少しわかったので人生で二度とないジュニアのアジアタイトルを逃しましたが、この後のシーズンの全日本と世界戦へのモチベーションがとても高まったのと将来の事で今はとても楽しみな気持ちが多いです。

今回もナショナルチームのメンバーに選ばれ最高のサポート体制の中でサポートしてもらったのに自分の力不足でこのような結果を去年と引き続き出してしまってとても悔しいですが9月にある世界選手権になんとしてでも選ばれるような走りをしていって、ケアンズでまたジャパンチームの最高のサポートの中で最高な走りをして次は最高な気持ちで喜びたいです。

今回もナショナルチームの最高のサポート応援と日本から応援くださった皆さん本当にありがとうございました。これから強くなっていくために頑張るのでよろしくお願いします!

TeamProRide 北林力

世界選手権レポート!

 

13646664_601884629984876_865746269_o

世界選手権レポート

開催地 Nove Mesto(CZR)

大会名  2016UCI MTB XCO World Championships

クラス  Men’s Junior XCO

リザルト -1lap 83位

天候  晴れ

周回数 4周+スタートループ1周

 

13647050_601884646651541_308677898_o

タイで行われたアジア選手権から約2か月、人生2度目の海外遠征となった世界選手権はチェコ共和国のノヴェ・メストで行われました。

6月27日に成田空港を出発し、フィンランドのヘルシンキ空港から乗り継ぎでチェコのプラハ国際空港に到着して、そこから車で約2、3時間移動し宿泊先に到着しました。

その次の日からはバイクを組み立て、自分のレースが行われる日まで合わせて4日間試走を行いました。

コースはジャンプセクションや日本にレースではあまり無いような、無数の大きな岩で作られたロックセクションのドロップオフや湿った木の根が地面から浮き出てる路面の長い登り区間などが設けてあり、パワーとテクニックの両方が選手に求められる今まで体験したことの無いような難易度の高いコースでした。

【6月30日 チームリレー】

チェコに来てから2日が経ち、30日に開催された四人一組で行なうチームリレーに第三走者として走らせて頂きました。

チームリレーのスタート3時間前から降り始めた雨によって、試走していた時の路面状況とは全く

異なるコンディションでとても滑りやすくなっていたが、大きなミスや機材トラブルも無く自分らしい走りで全力で1周を走りきり、前の選手に追いつく事は出来なかったがタイムギャップを縮める事には成功し、なんとか第四走者の選手にバトンを回すことが出来た。

【7月1日 XCO men junior】

レース当日の朝は普段より少し多めに朝食を摂り、午前中は部屋で休息してスタート時間の17時に合わせて15時30分に会場に車で向かいました。

会場に到着しスタート前のウォーミングアップをローラーで行い、少し心拍数を上げて体を慣らし、その後ストレッチをしてからスタートに臨んだ

スタートでは日本のレースでも体験したことあるような人数ではあったが、スタート前のカウントダウンが進むにつれ周りの選手が前に前へと押し出すように詰めてきてその直後一斉にスタートした。

周りのスタートダッシュはあまりにも早く正直目が追い付かず圧倒され一気に後ろに下がってしまった。

そこからは気持を切り替え前に出ようと、道幅の広いジープロードの区間で順位を少し戻す事は出来たが、巻き返しに思った以上に脚を使ってしまったのとスタート直後の焦りにより自分の中の走りのリズムか狂い思うように走れず、2周、3周と下り区間などは走る度に良いラインが見え速く乗れている感触はしたが、とうとう4周目を走行していた最中にラップされそこでレースは終わってしまいました。

【感想・反省】

今回の世界選手権では初めて世界の大きな舞台に触れて、学ぶ事も多く収穫の多い遠征とはなったものの、逆に今の自分がどれだけ世界に通用していないのかを思い知らされ、今の自分の努力が全く足りていないのかを身を持って痛感させられました。

全日本選手まではもう本当に残りの時間は少ないですが、今回得たことを糧に全日本では自分の今までに無い最高の走りをして、最高の結果で終えられるように今ある時間を全力で努力します!!

Team Japanの雷太監督初め、メカニック、マッサーの皆さん

今回も最高のサポート、ケアありがとうございました。

全日本では結果で恩返しが出来るよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!!

Team ProRide 江越 昇

 

13664729_601884636651542_1178427457_n