柚木選手からのレースレポートです

日時               1月14日
大会名            東海シクロクロス第5戦極楽寺公園
開催地           愛知県一宮市
カテゴリー   アンダー15(3週)
リザルト       優勝

<レース当日>
当日はレース1時間半くらいに会場入りし、受付をしにいきそこから少しだけレースやコースをみてすぐに準備をした。
昼食は取らずにレース40分前 から試走をした。
試走は30分あったのでゆっくりなスピードでコースをよく見ながら4周回くらいした。
レースは試走が終わってすぐだったのでアップもかねて試走を5分前に終わった。
少し休憩をして召集場所に行きすぐにスタート位置についた。最初から他の選手を引き離そうと思っていた。
スタートして最初からスピードを上げたけど1人の選手だけ付いてきたのでそのまま一週目を走った。

一周目の最後にある階段を登りきったところで前の人が自転車に乗るのが遅くて、僕はスピードを上げていたのでぶつかりそうになり落車してしまった。
すぐに起き上がりすぐに前に追いつき抜かせなかったのでついて行った。
2週目の中盤辺りで前の選手が泥で滑ったのでその間にスピードを上げて2週目を終えて3週目は僕達のクラスよりあとにスタートをしたクラスに追いつき、
スムーズに選手を抜かすことが出来た。最後の週は後ろの選手は離れていたので階段登りなども挑戦して、そのまま2位と1分47秒差でゴールしました。
今回は前の人にぶつかりそうになった自分のミスで落車をしたのでいつも冷静に慌てずにレースをします。
今回応援してくださった方々ありがとうごさいました。

2017 秋・ゆふね大会 CJ2クラス

久保選手からのレポートです!

 

日時   10月28,29日

大会名  CJ2湯舟

開催地  ゆぶねMTBパーク

カテゴリ ジュニア

リザルト 2位

使用バイク

Mondraker Finalist pro sl

シューズ

Sidi Drako

タイヤ

F・bontrager JONES/R・bontrager XR1

 

〈レース前日〉

前日は試走のために11時過ぎに会場入りしました

試走は早めに行い、3周し、走る人数が多くなるにつれ土が掘り返されてぬかるんでいくので慎重に滑りやすい箇所を見直した。

ミーティングまでゆっくりし、体を冷やさないよう暖かくした。

家が近いので、夜はゆっくりと寝ることができた

〈レース当日〉

会場入りしたのは9時ごろでバイクが汚れるのが嫌だったので、試走はせず、コースを歩くことに。

コースは雨でかなりスリッピーな所もあり、下りも斜めの根っこが多くあるので、なるべく早いスピードのまま飛び越えていくようイメージして覚えた

レースの50分前からアップを開始し、汗をかいて体を温めた。

体が温かいうちに招集に行き、雨が当たらないようテントの下にいた。

レース本番

ゆぶねのコースはアスファルトの登りからさらにシングルの登りが続くので軽く登って行った。

アスファルトでは6番ほどで進んでいきそこからシングルへ。

シングルはかなり詰まって渋滞していたおかげで足をつく瞬間もあり、乗っていけるよう冷静に走った。

一周目をあまり上げられずに走り、二周目へ。

はじめのアスファルトでエリート3位と2位を追い抜きシングルへ。登りを頑張って登った時、ぬかるみで足を攣った時に足をついてしまい、乗っていくより押して走った方が速かったので数秒走りました。走ったことでシューズ裏に泥が付き、下りでクリートがはまらず手こずっていると一人に抜かされてしまい。クリートがはまってからもシングルでは無茶して抜かすとこけると思ったので仕方なくゆっくりついていきました。

3周目にアスファルトの登りで一人抜き、そこからペースを上げました。

3周目はスピードが出せてスムーズに走れ、ミスなくフィニッシュしました。

 

今回のレースは土砂降りだったのでフロントにマッドタイヤを付けたことで、下りを安定して攻められたこと、腰が痛くならず、最終周でスピードをあげられてよかったと思います。

まだまだフォームが未完成なのでオフシーズンにはしっかりと習得して来年も頑張ります

 

今回は雨の中たくさんの応援サポートありがとうございました!

 

神永選手からのレポートです!

CJ-2 湯船
ジュニア 1位
【レース前日】
台風の影響で少し雨が降り出していたが、コースはちゃんと雨対策で整備されていて、しっかり走る事ができた。
試走は2周して、明日に備えた。
【レース当日】
雨の影響でレース時間が変更になった。
ジュニアは12時スタート。
ローラーと近くの坂でアップ。
【スタート】
エリートと同時スタート。
最初のアスファルト区間でできるだけ前に出ようとゆう気持ちでスタート。
エリートの3番手でシングルに入ることができた。
雨がどんどん強くなり、どろどろで視界が悪くなっていて、コース途中で前の選手が落車。
自転車を押す場面が何度かあった。
そして、1周目後半にはエリートのトップを走ることができ、そのままトップを走り続けてゴールした。
最近ラップタイムを見ると、最終周でタイムがだいぶ落ちているので、レース後半でペースが落ちないようにこれから練習していきます。
今シーズン本当にサポート応援ありがとうございました!
来シーズンもよろしくお願いします!

使用バイク PODIUM CARBON R

使用タイヤ MAXXIS BEAVER

使用サスペンション 32 FLOAT SC 29in 100

使用ヘルメット OGKカブトSTEAIR

使用グローブ OGKカブトPRG-5

2017最終戦 in 深坂の森大会レポート

山口選手のレポートです!

日時  10月22日

大会名 CJ-1 XCO 深坂自然の森大会

カテゴリー  男子ユース

リザルト 1位

使用バイク 2018 Mondraker PODIUM CARBON RR

http://www.mondraker.com/es/en/2018-podium-carbon-rr

使用サスペンション  Fox 32 Step Cast Float 29 Factory Kashima, FIT4, EVOL,

http://www.ridefox.jp/forks/32.html

使用タイヤ Michelin Force XC

http://nichinao.jp/archives/2951

使用ボトルゲージ OGKカブト RC-13

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/accessory/bottlecage/rc-13.html

使用ヘルメット OGKカブトSTEAIR

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/cycling/steair/steair.html

使用グローブ OGKカブトPRG-5

http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/products/glove/prg/prg-5.html

使用シューズ LAKEmx237Orange

http://shop.kirschberg.co.jp/?pid=103698419

使用ジャージ

レジェフィット半袖ジャージ

http://www.wave-one.com/item/leggefit_hs.html

レジェフィット75パンツ

http://www.wave-one.com/item/leggefit_75pt.html

WAVE ONEレーシングソックス

http://www.wave-one.com/sp/category_item/item_cyclesox.html

長いような短いような、シリーズ戦もこれで、最終戦。今シーズンはなかなか調子が合わず後半戦は一勝も出来ていない状態でした。

そろそろ勝ちたいところ。

しかも今回はユースクラスラストのレース。

なんとしてでも勝って、気持ちよくこの三年を締めくくりたい。

そんな気持ちが強かったです。

体調も万全。

レースに挑む為の身体は仕上がってました。

レース前日

朝11時ごろに会場入り。お昼ご飯を食べながら、試走開始時間までゆっくり時間を過ごしました。

1時になってコースを2周した。

コースは、前日とその日の雨で、少しウエットで、乾いているところが数カ所ある感じでした。

しっかりとラインも確認して、レースで走るラインは決まった。

夜は9時ごろに就寝。

レース当日

朝6時半に会場入り。試走を、一周だけしました。

コースは、前日とあんまり変わっておらず、全体的にセミウエットな感じでした。

約1時間前にアップ開始。

入念にしっかりとしました。

準備は完璧。

バイクも完璧に整備されて、あとは自分の走りをするだけ。

スタートコールは2番目。自分への悔しさがそこでも込み上げて来る。

その悔しさを噛み締め、絶対今日こそ。と思いながら、スタートラインへ並んだ。

ホームストレートをずっと見ながら今日のレースをどうして行くから最終確認をした。

レース中

スタートのピストルにしっかりと反応できたが、すぐに後退。3番手で、スタートを切ることになった。シングルへ突入する直前のストレートで、二番手に浮上。

二人のパックでレースをしていくことになりました。

レースは二重とあり、ペースもかなり高めでしたが途中の長い坂で、行ける。と思い立ち、前の選手を抜いて、少しペースを上げました。

すぐ後ろには選手がいましたか、これは想定内。今回も粘りのレースになることはわかりきっていました。

途中の下り区間で、後ろと更に差を開けたのを確認。更にペースを上げようとしたところ、川渡りのセクションで、少しミス。バランスを取るために足を着いたら、たま足が攣ってしまいました。でも、足の攣りなんて先週もっとひどいのを経験済み。

あまり気にすることなく、レースを進めることができました。

そして、ファイナルラップ突入。

後ろの選手がチラチラ見える距離。

絶対に負けじと、ペダルを回す。

一瞬すぐそこまで追いつかれかけましたが、また、登りと下りで差をつけることに成功。

差が開いても守りの走りはせず、前にまだ選手がいる気持ちで走りました。

第2シングルをぬけ、やっと気が抜けました。やっと勝てたって思えました。

久しぶりのトップでのゴール本当に嬉しかったです。

本当に勝てなかった後半戦。最後にしてやっと優勝することができました。

今まで、負け続けたぼくを根気強く応援してくださった皆さん本当にありがとうございます。

みさなんの応援がなければ本当にここまではやってこれなかったと思います。

これで、ユースクラスも終了。

この三年間でどれだけのことを学んでこれたでしょうか。

本当に多くのことを学んで、本当に多くの喜びを掴んできました。

次はジュニアクラス。

更に挑戦する範囲は広く厳しくなっていきます。

でもそんな壁をぶち壊していくくらいのフルパワーで駆け抜けていきます。

本当にいつも多くの応援サポートありがとうございます。

これからも変わらぬご応援よろしくお願いします。

TEAM Pro Ride 山口 創平

 

藤木選手からのレポートです!

大会名:Coupe du japonクロスカントリ                 ー  レースin 深坂の森

日時:10月22日
場所:山口県下関市
リザルト:4位
タイヤ:マキシス ビーバー
エアー:1,45ba
自転車:MONDRAKER leader RR29er2017
今回が今シーズン最後となるレース。いつも以上に気合いを入れてレースに挑んだ。
 ・レース前日
コースオープンは13時から16時30分ではじめて走るコースだったのでゆっくりコースを下見してから試走をした。コースは難しくなかったが15時頃から台風21号の影響で雨が降り、コース状況は少しウェットとなっていた。
・レース当日
天気はくもりで雨も降っていなかった。朝に試走をしてみたが、コースは昨日よりも乾いていて、とても走りやすかった。レースは14時17分でエリートの2分後だった。13時頃からアップを始め、いつもと同じようにスタート位置についた。レースの時間となり、スタートのピストルが鳴った。クリートキャッチがうまくいき、レースは3番手で展開が始まる。3周あるので落車しないように徐々に1,2番手に追い付く作戦をたてていた。1周目の後半2番手が見えた頃、突然タイヤが「プスー」と音がなり、まさかとは思ったがスローパンクしてしまった。フィードゾーンまで走って急いでタイヤをつけかえるが2人の選手に抜かされた。表彰台を狙って3番手の選手を追い上げるが力及ばず4位でゴールした。
・レースを振り返って
スタートは毎回のレースで上達しているのでこれからもこの武器を生かして頑張っていきたい。今回初めてパンクをしたがこれも自分の実力。これからパンクしないバイクコントロールを身につけていきたい。
・今シーズンを振り返って
デビューイヤーだったが自分は優勝してみせる思っていた。優勝こそできなかったが3位、2位と2回の表彰台に立つことができた。自分が勝つ鍵はがむしゃらに走らないと分かったのでこの冬を無駄にしないように練習していきたい。今年の悔しさをバネにして来シーズン勝てるようにこれから頑張っていきたいと思います。
今シーズンありがとうございました。
                            藤木 雄大
神永選手からのレポートです!
CJ-1 山口 下関
リザルト 1位白馬から三週間。
ここのコースは去年も勝つことができ、好きなコースなのでとても楽しみだった。【レース前日】
台風が近づいていて、昼過ぎから雨が降り出す予報だったので早めに試走をした。
やっぱりおもしろいコース。
明日に備えて早めに寝た。

【レース当日】
ジュニア男子は14時過ぎスタート。
意外にも雨は降らず、路面は乾いてきていた。
一時間前からアップ。
今回は3周といつもよりも少ないので、長めにアップした。

【スタート】
クリートがはまらず、うまく飛び出すことができなかった。
長いアスファルト区間。
シングルに入ってしまうとしばらく抜けないと思ったのでなんとか順位を上げて3番手でシングルへ。
コース途中、一番手の選手が止まっていたので2位に浮上。
前の選手は長い登りで抜くことができ、そのまま1位で2周目に。
今回もタイヤはMichelin Force XC
登りはよく進み、下りはサイドのブロックのお陰でガンガン倒すことができた。
何個か難しい箇所があるが、ミスをしないように走りそのまま3周目に。
しかし、3周目の途中。
ミスをして足をついた時に左のふくらはぎがつってしまいペースダウン。
焦ったのか、またミスをしてしまい右のふくらはぎがつり、両足つってしまった。
痛みを堪えながらそのまま走りきり、ゴール。
優勝することができた。
しかし反省点はたくさんあり、ラップタイムを見ると2周目と3周目で約40秒ほど落ちており、ミスもあった。
次はCJ-2湯船大会。
今回よりも良い走りをします。
応援ありがとうございました!

使用バイク PODIUM CARBON R

使用サスペンション 32 FLOAT SC 29in 100

使用タイヤ Michelin Force XC

使用ヘルメット OGKカブトSTEAIR

使用グローブ OGKカブトPRG-5

 

北林仁選手からのレポートです!

CJ1 山口 下関
リザルト5位

レース前日
前日試走に行きました。
初めてのコースでした。
下りが滑らかで長いコースでした。
3周目ほどコースを試走して体も悪くない状態でした。

レース当日
朝にコースを1周しました。
いい状況でした。
コースは少し乾いていました。
いい感じのコンディションでした。
自分の好みの土質でこれはいけると思いました。
スタートしてからはいいアタックが出来ました。
いい感じでペダリングが出来ました。
下りでもミスなくスピードが出すことができました。
2周目に入ってからはいきなり体に熱がこもり一気に失速しました。
食らいつこうとしくも腕に力が入らなくなり身体中に痺れが出てきて一気に離されました。
すでにあと半周しかなく追いつける距離ではなくなってしまいました。
とても悔しい状況になってしまいました。
今回のレースは後半で失速してしまい自分の持っている力をあまり発揮することができませんでした。
来年度は今まで出せていなかった本来の力を最大限に発揮していきたいと思います。

応援サポートありがとうございました。

ProRide 北林仁

 

北林力選手のレポートです!

 

大会名 CJ-1下関
開催地 山口県 下関
日時 10月22日
リザルト  5位

前日
白馬村から約15時間かけて会場入りして、試走をしました。コースはスタートとゴールのエリア以外シングルトラックでトレイルライドをしているようなコースで下りでタイム差を作れるセクションがあったので自信を持って前日の試走を終えることができました。

当日
今回は今シーズン最後のレースだったので、前日に新しく教えてもらったアップ方法を試したりして、今回も時間どうりに準備で来ました。
スタート時間になり、レースがスタートしました。スタートしてからすぐに自分の練習の時から感じていたコンディションの良さがわかり、うまく走れていましたが何もない所でタイヤから空気が抜けて行き、その後、ランニングでピットまで行き、すぐに変えてもらい、レースに戻って集中して前の選手を追って、追いつきながら走りましたが、いきなりペースを上げたせいで足の裏を攣ってしまい再びペースダウンしてまたストップしてから走ったので5番でゴールになりました。
今回は自分のコンディションが良かったのにいい走りをレースで出せず、残念でした。

今シーズンも沢山の応援、サポートありがとうございました!
これからレベルを何段階も上げていき、来シーズンいい走りをします。来シーズンもよろしくお願いします!

TeamProRide北林力