セルフディスカバリー王滝大会40kmクラスレースレポート

遠藤選手からのレポートです!

9/16(日)SDAクロスマウンテンバイク 40キロ

94人出走 5位

昨年11月に初めて参戦したSDAクロスマウンテンバイク。今年もチームの高橋先輩と参戦。レース前日の夜に会場入りした。小雨が降ったりやんだりの天候の中、くだらない話をしながら屋外で自炊を済ませ、車中泊に備える。この時間が楽しく、盛り上がりまくる。当日は、5時に起床、朝食とエントリーを済ませ、8時のレースに備える。

いつものCJのシリーズ戦にはない、何が起きるか分からない長距離レース独特の緊張感があると感じながら先輩とスタートの時を待つ。いよいよ8時、レースがマススタートで開幕。林道入り口までは、先導車によるパレード走行。だが、集団のペースは思った以上に速い。引っ張られるように自然とペースが上がっていく。途中、先輩ライダーの山本選手を見かけ、声をかけて進む。人数が多いので、何番手なのか分からないが、とにかく前へ。いよいよ周回の林道に入る。40キロレースはここを2周回だ。

周囲の選手も少しずつバラけてきたように感じる。序盤は、斜度のある上りを黙々と進んでいくが、下りの技術が下手な自分にとっては、ここで可能な限りアドバンテージを稼がないと順位向上の突破口は開かない。比較的なだらかな箇所は、可能な限り、たち漕ぎで重いギアを踏み込む。気分だけはアブサロンだ。だんだんと同じレベルの実力同士の選手たちとのデッドヒートが続く。ここが今の実力のアッパーラインなのかなと感じながら追い込む。少しずつ下りのラインが増え始め、1周目後半の課題の下りに突入したと実感する。自分の中では、精一杯攻めているつもりなのだが、一人、二人とパスされていく。パスしていく選手たちは、1コーナー曲がるともう姿が見えない。つくづく下りが下手だと思いながらも、無理をすると転倒すると身に染みて分かっているので、悔しいが仕方がない。練習で出来ないことは、本番でも出来ないのだ。また2週目の上りで追いつけばいいじゃないかと言い聞かせる。1週目の下りで4~5人のライダーに抜かれた気がするが、自分が何番手なのか分からない。

最終周回は、残る体力を前半の上りで使おうと決めていた。心拍数はきっとMAX、1周目よりも上りのペースも落ちている感じがしたが、素人ライダーとしては上出来だ。とにかく後悔のない走りをしようと心に決める。水分補給も意識して定期的に取るようにした。上りでまた何人かをパスしたが、ここが踏ん張りどころと上りで稼ぐだけ稼ぐ。そして後は下るだけだ。後半最初の下りを終えたところにエイドがある。もう手持ちボトルに水分が残っていなかった。ここで水を取るべきか、このまま行くか。迷ったが、後半の上りは少ない。取らずに行こう。上りのアドバンテージを少しでも活かしたい。そう決めた。

しかしながら、エイドを過ぎたところで、手足がしびれはじめ、なんだか力が入らなくなってくる感じがした。引き返そうかと思うくらいだったが、もう行くしかない。ポケットにアミノショットのミニボトルがあったので、救いを求めるかのように飲み干す。水分に飢えた体にはあたたかく感じた。なんとかいけそうだ。そのまま踏めるところは踏み倒し、前に進む。もう後はほぼ下りのみ。太ももは、後一歩でオーバーヒート状態だったが、なんとか最後までもってくれて、5位でフィニッシュ。ゴール直後は、何位だったのかも分からず、フラフラだったが、自分なりに追い込めたかなという達成感もあり、思い出に残るレースとなった。残念だったのは、一緒に練習してきた先輩が三度のパンクで思うように走れなかったこと。今度は二人でレースを楽しみたい。いつも前向きなアドバイスをくれる監督、メカに弱すぎる僕へ毎年、年間を通して走れるバイクに完璧に仕上げてくれる岡山のなかやま店長、そして高橋先輩、家族、日々お世話になっている皆さん、本当にどうもありがとうございました!!いつかまたこんな瞬間を味わう時が来るかもしれないと信じて、走っていこうと思います!

CJ2 湯船大会

柚木選手からのレポートです!

日時   9月22、23日
大会名    cj-2  京都ゆぶね
カテゴリー    ユース
リザルト    1位
<レース当日>
今回はバイクが変わってからの初めてのレースでありバイクや体の調子は良かった。
試走は試走とレースの時間が短かったため試走の時に少し心拍を上げレース前にもう一度少し乗ることにした。
ユースクラスの自分を含めた2人とチャレンジの人たちとレースをした。
スタートもきまり最初の加速もしっかりとできた。
そのあとのシングルに入ってから後ろの選手を徐々に離していき、登りではコースがどろどろだったので、シッティングで高いケイデンスで登りました。
下りでは試走の時に根っこがすごく滑ったのでレースの時はこけないように意識して走りました。
2周目もアスファルトなどは立ちこぎで行き、滑りやすい路面の所はシッティングで行きました。
そして2周目も1周目とあまり変わらないペースで終え1位でゴールしました。
今回のレースは25分と凄く短いレースだったけど最初から最後までしっかりといいフォームで走れたと思うので、
いいレースになったと思いました。
今回も応援、サポートありがとうございました。

 

2018 MTB世界選手権 スイス大会 レポート

神永選手からのレポートです。

2018年世界選手権
男子ジュニア 59位 -1laps

2回目の世界選手権。
場所はスイスのレンツァハイデで行われた。
標高が高いので早めに現地に入りして、高地トレーニングをした。
最初は時差や標高に慣れなかったが、どんどんと慣れていった。

ジュニア男子のスタートは16時30分。
周回数はショートループ+5周。
2時間前に会場に入り、ローラーでアップ。
早くレースしたくて仕方なかった。
ついにスタート。
スタート直後は長いアスファルトが続き、そこからシングルに入るので、前に行かないと渋滞がおこる事はわかっていたのに、パワーの差があり前に行く事ができず、急ブレーキをしてしまう時もあり後ろの方でシングルに入ってしまった。
シングルはやはり渋滞していて、なんとか何人かを抜かす事ができ、ジャンプセクションを終えて、広くなった所で前を抜いた。
根っこがたくさんある場所では足を付いてしまい、靴がゆるくなったがすぐに走り始めれた。
途中、1人で走ってしまう場面が多く、雷太監督から前に付いていけと指示を頂いたが、前に追いつこうとするが追いつけない。
きつい状態が続いて5周目に。
スタートの時間差を見た時、1位との差が7分半になっていて、頑張ってペースを上げたが、足切りになってしまった。

今回の世界選手権。
良い結果どころか、-1lapになってしまい悔しくて仕方ないです。
情けない気持ちでいっぱいです。
この気持ちを忘れずにパワーをつけて、来年リベンジします。

とても良い経験になりました。
応援サポート本当にありがとうございました。

使用バイク PODIUM CARBON R

使用サスペンション 32 FLOAT SC 29in 100

使用タイヤ Michelin Force XC

使用ヘルメット OGKカブトSTEAIR

使用グローブ OGKカブトPRG-5

使用サングラス RUDYPROJECT

 

藤木選手からのレポートです!

大会名:world championships
日付:9/6
カテゴリー:men jounir
リザルト:95位 −3ラップ
使用バイク:MONDRAKER 2018 PODIUM                CARBON RR
使用タイヤ:Michelin XCR , XC
使用サスペンション:Fox 32 step cast Float 29            Factory  Kashima
使用ヘルメット:OGKkabuto STEAIR
使用グローブ:OGKkabuto PRGー5
スイス(レンツァーハイデ)で行われた世界選手権。世界はレベルが高いと周りの人が言っているので本当にそうなのか、自分がそれならその殻を破ってやると思ってこの大会に挑んだ。自分の力を全部出し切ることを今回の目標にした。
(大会前)
試走は3日間あった。やっぱり日本のコースとは違った。木の根っこが多く、走りにくい。また、ジャンプセクション、ロックセクションがありテクニックが必要。最初は自信がなかったが何周か走っているうちに自信が出てきて、なんなくクリアできた。
(大会当日)
レースは16時30分スタートだったので日本のレースより遅かった。レース時間に体を合わしていくのが難しかったがしっかり調整することが出来た。
会場は15時に着き、15時30分ごろからアップを始めた。始めは日本チームのテントでアップをしていたがスタートが近くなるにつれて、スタートの近くでアップをした。そして整列が始まり、選手がどんどんとスタートへと並んでいく。僕は62番スタートだった。スタート15秒前になり、一気に自分の確保スペースがなくなり、圧迫感がものすごいあった。16時30分になりスタートを切った。クリートキャッチはうまくいったものの前に空間ができない。前に行こうと思っていたが行けなかった。そして、シングルコースへと入っていくが、そこではもう渋滞となっていて、バイクを歩いて押すことしかできなかった。そんな感じで1周目はほとんどバイクに乗ることが出来なかった。2周目、精神的にも体力的にもきつかったが全力で漕いだ。アスファルトの登りでは5人ぐらいの選手をパスできた。3周目は1.2周目より呼吸が楽になってきた。調子が上がってきた。しかし、思わぬことが起きてしまった。フィードゾーン前の登りで隣の選手と接触してしまい、右から転倒してしまった。痛くて、すぐに立ち上がることが出来なかった。なんとかレースに復帰することができたがその周で80パーセントカットされて95位となった。
(大会を終えての感想)
初めて起こる事ばかりで全く対応することが出来ませんでした。とても悔しいですし、このままではダメだと強く感じました。これから世界で活躍できるようどうしたらいいのかじっくり考えていきたいと思います。
最高のコンディションで挑むことができました。雷太監督、メカニックの白井さん、藤田さん、ドクターの金井さん、マッサージの軽部さん本当にありがとうございました。
この悔しい結果をバネにして次に繋げていきたいと思います。
沢山の応援ありがとうございました!